改善につながる食事は何?

脂肪肝を改善するための食事としては、肝臓の機能を助けてくれたり機能をよくする食べ物がおすすめです。

 

そのような食事としてはまずは「抗酸化ビタミン」と言われるビタミンA、C、Eを多く摂ることです。

 

なぜなら、これらの物質は肝臓が役割を果たした後にできる活性酸素を除去して、肝臓の回復をサポートしてくれるからです。

 

そのため、レバー(ビタミンA)、ブロッコリーやかぼちゃなどの緑黄色野菜(ビタミンC)、ごま(ビタミンE)を食事でとることが脂肪肝の改善には効果的です。

 

その他に肝臓の機能を良くする食事としては、良質なタンパク質を摂ることが大切です。植物性タンパク質ならば大豆や玄米、動物性タンパク質では、卵、乳製品、鶏肉(ササミ)や白身魚があります。

 

それらを食事でバランスよく摂取していくと肝臓の改善が期待できます。

 

なぜなら、これらこそ、肝臓の仕事である酵素を作るための材料となってくれるからです。

 

ただ、食べ過ぎには気を付けてください。食べ過ぎてしまうと肥満になってしまい、脂肪肝の改善が難しくなります。