脂肪肝の症状とは?

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪やコレステロールが沢山たまり、肝臓の機能が低下している状態のことです。

 

初期症状としては、肝臓は痛みを感じる臓器ではないので、痛いとか苦しいということはありません。また、だるいということもあまり感じません。

 

しかし、痛くないからといって、脂肪肝を改善しておかないと、やがて、低下した肝臓の機能は、他の病気を引き起こす恐れがあります。

 

たとえば肝硬変、ウィルス肝炎、慢性肝炎、肝臓がんに発展しかねません。そのときは、だるい、疲れやすい、体力がないという症状が如実に現れ、最後には死に至る危険さえあります。

 

ちなみに、血液検査では、「ALT(GPT)」「AST(GOT)」「γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)」などの数値が高くなって脂肪肝であることに気づきます。

 

脂肪肝になってしまった場合には、食事を変えたり、運動をしたりして早めの改善を目指していき、これらの数値をコントロールしていくことが大切です。