脂肪肝を治すには禁酒だけでは足りない?

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

 

このサイトをご覧になっていただけたという事は、飲酒習慣があったり、検査で肝臓の数値が悪かったりする方だと思います。

 

近年では食生活の変化から脂肪肝になる人が急激に増加し、国民の3人のうち1人に脂肪肝が見られるようになってきています。

 

脂肪肝は自覚症状がこれといってありませんが、進行すると肝硬変や肝臓がんなど重い病気になってしまう恐れがあります。

 

肝臓を回復させたり脂肪肝を改善するためには食事を変えたり運動をすることなどが大切ですが、いきなり食事制限と禁酒をしたり、運動を取り入れた生活に改善するのは難しいですよね。

 

そこで少しずつ毎日の食生活や日常生活に気を付けながら肝臓の回復をサポートするサプリを取り入れるという方法もあります。

 

当サイトでは脂肪肝を改善させる方法や肝臓回復に効果的なサプリメントを紹介しています。

 

ぜひ参考にして下さいね。

 

脂肪肝の症状とは?

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪やコレステロールが沢山たまり、肝臓の機能が低下している状態のことです。

 

初期症状としては、肝臓は痛みを感じる臓器ではないので、痛いとか苦しいということはありません。また、だるいということもあまり感じません。

 

しかし、痛くないからといって、脂肪肝を改善しておかないと、やがて、低下した肝臓の機能は、他の病気を引き起こす恐れがあります。

 

たとえば肝硬変、ウィルス肝炎、慢性肝炎、肝臓がんに発展しかねません。そのときは、だるい、疲れやすい、体力がないという症状が如実に現れ、最後には死に至る危険さえあります。

 

ちなみに、血液検査では、「ALT(GPT)」「AST(GOT)」「γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)」などの数値が高くなって脂肪肝であることに気づきます。

 

脂肪肝になってしまった場合には、食事を変えたり、運動をしたりして早めの改善を目指していき、これらの数値をコントロールしていくことが大切です。

 

脂肪肝の改善期間はどのくらい?

脂肪肝の改善期間ですが、約3ヶ月が一般的で、早い人では1ヶ月位の期間で改善させてしまう人もいます。

 

それらの違いは何かというと、脂肪肝を徹底的に治そうとするかです。脂肪肝には、即効性のある薬はありません。

 

その代わり自分で食事制限と運動、禁酒等にどれだけ意欲的に努められるかによって違ってきます。しかし、痛みがないだけになかなかやり遂げられないのが人間です。

 

一方でやる気になれば、1ヶ月から3ヶ月の期間で、数値が改善されて、30%以上の脂肪肝の状態から30%を切ったり、次の血液検査で、脂肪肝を示す数字が消えている場合もあります。

 

ただ食事やお酒などの習慣を一気に変えすぎてしまうと、いきなりの変化でストレスが溜まったり、我慢しているという感覚を持ち続けることになります。

 

その反動で、制限していた食事を大量に取ってしまったりしてしまうと、今の状態よりもひどいことになりかねないので注意するようにしてください。

 

脂肪肝の改善方法でおすすめのものは?

脂肪肝と医師から指摘されると誰でも驚くものです。

 

確かに、肝臓に脂肪が付いていると言われると軽いショックを受けるのは当然です。

 

この脂肪肝の改善方法はまずは運動をするのが大事です。運動というと、なかなか面倒に思いますが毎日の生活の中に取り入れることで簡単にできます。

 

脂肪肝には、有酸素運動が効果的です。

 

ウォーキングや散歩などがおすすめです。仕事などで毎日時間が取れない人は通勤を利用することです。

 

自宅から駅までバス通勤の場合にはそれを徒歩に変えることです。また、駅が近いなら一駅歩くという方法もあります。

 

取り組みやすいのが、歩くということです。歩くことで、早い場合なら2週間くらいで改善ができるとされています。

 

休みの日に、まとめて歩くよりも、距離は短くても毎日歩く習慣をつけることです。

 

脂肪肝以外にも、歩くことは全身運動になるので体にはいい影響が出てきます。

 

食事や飲酒習慣を見直しながら、毎日の生活に運動を取り入れることで脂肪肝を改善する効果が期待できます。

 

運動したほうがよい?

脂肪肝の改善の運動ですが、動くことによって、エネルギーを使うことはとても良いことです。

 

運動するごとに肝臓に蓄えられた脂肪が、エネルギーとして消費されますので、脂肪肝は少しずつ解消され改善されていきます。

 

とくに週250分以上、1日に30分以上の目安でやや強めの運動を続ける事によって、肝臓に蓄積された脂肪が減少し、肝臓の症状が改善するとの報告結果が出ています。

 

2週間を過ぎたあたりから数値に変化が表れ、1~2か月には肝臓の回復が期待できます。

 

また、ダイエット目的ではないので、やせなくても脂肪肝の改善には良いとのことです。

 

運動をすることで、中性脂肪を取り除く善玉コレステロールが増えたり、動脈硬化を防いだり、血糖を下げるインスリンの働きを高めるアディポネクチンが増加するからです。

 

では、実際にどんな運動をしていったら良いのでしょうか?

 

いつもの歩きよりもちょっと速めのウォーキングや水泳などは、体への負荷がそれほど強くないので続けやすいというメリットがあります。

 

無理しすぎないでできることから始めて、徐々に習慣として取り入れていくのがスムーズです。

 

改善につながる食事は何?

脂肪肝を改善するための食事としては、肝臓の機能を助けてくれたり機能をよくする食べ物がおすすめです。

 

そのような食事としてはまずは「抗酸化ビタミン」と言われるビタミンA、C、Eを多く摂ることです。

 

なぜなら、これらの物質は肝臓が役割を果たした後にできる活性酸素を除去して、肝臓の回復をサポートしてくれるからです。

 

そのため、レバー(ビタミンA)、ブロッコリーやかぼちゃなどの緑黄色野菜(ビタミンC)、ごま(ビタミンE)を食事でとることが脂肪肝の改善には効果的です。

 

その他に肝臓の機能を良くする食事としては、良質なタンパク質を摂ることが大切です。植物性タンパク質ならば大豆や玄米、動物性タンパク質では、卵、乳製品、鶏肉(ササミ)や白身魚があります。

 

それらを食事でバランスよく摂取していくと肝臓の改善が期待できます。

 

なぜなら、これらこそ、肝臓の仕事である酵素を作るための材料となってくれるからです。

 

ただ、食べ過ぎには気を付けてください。食べ過ぎてしまうと肥満になってしまい、脂肪肝の改善が難しくなります。

 

脂肪肝の改善につながるレシピは?

高級食材のフォアグラみたいに、人間の肝臓にも脂肪がたまってしまうのが脂肪肝です。

 

将来的には肝硬変など命の危険さえあるのですから、早めに対策することがポイントなんですね。

 

脂肪がつかないように改善するためには、まず食事を見直すことが大切です。

 

では脂肪肝の改善に効果的なレシピはというと、青魚や緑黄色野菜、鳥のささ身などがふんだんに使われたものが良いです。

 

きのこを使った炊き込みご飯や低脂肪のあさりのパスタ、野菜と鶏肉の炒め物などは、脂肪肝を改善する事が期待できるレシピです。

 

また最近の研究では脂肪肝にホタルイカが極めて効果的だということで、おかずにホタルイカの沖漬けなどを付け加えてみるのもおすすめです。

 

もちろん、こういったレシピを一食や二食とったからといって、劇的に良くなるなんてことはないんです。

 

毎日、揚げ物など脂肪がたまりやすい食べ物は避けて、積極的に改善レシピにチャレンジしていくことが、健康を手に入れる秘訣です。

 

脂肪肝にお茶は効果がある?

脂肪肝とお茶の関係ですが、お茶というと体に良さそうですが、カフェインが入っているために、飲みすぎはいけないと言われていました。

 

しかし、このほど、アメリカのデューク大学の研究によると、コーヒーとお茶に含まれるカフェインが、肝臓の細胞に溜まった脂肪を追放してくれるということがわかってきました。

 

つまり、脂肪肝の人は、お茶は脂肪肝の改善に期待できるということになります。ですが、いくら良いからと言って、飲みすぎてしまってはいけません。

 

具体的には、数量では一日湯飲みいっぱいくらいが良いです。ただしこれは、あくまでも、脂肪肝の改善だけを見た場合です。

 

そこで、心臓系統の病気の人は医師と相談した上で、判断すると良いでしょう。この研究は、アメリカ肝臓学会の学術誌Hepatologyで発表されています。

 

ちなみに、お茶に入っているカテキンという成分は健康にも良いとされていますので、試しに飲んでみるということを検討してみてはいかがでしょうか?

 

脂肪肝を改善する薬は?

脂肪肝を改善する薬についてですが、今のところ、脂肪肝に対して即効性のある改善薬はありません。

 

その代わり肝臓が多くの役割を果たした後にできる活性酸素を除去して、肝機能をサポートするビタミンA、ビタミンEやビタミンC等が良いとされています。

 

セサミンなどのゴマ由来の成分は、肝臓に直接届き、活性化酸素に対して、抗酸化作用を発揮するので良いです。

 

また、糖尿病に用いるインスリン抵抗性改善薬、慢性肝炎に対して用いる肝庇護剤等が処方されています。

 

ちなみに、脂肪肝の改善をサポートするために、サプリメントを活用するという手もあります。

 

「肝臓サプリ」と呼ばれたりしていますが、こういったサプリには、オルニチンという成分が入っているものがあります。

 

オルニチンはしじみに多く含まれていることで有名で、肝臓のサポートをしてくれます。

 

ただ、毎日のようにしじみを食べるというのも大変なので、サプリで取り入れるというのが気軽ですし、続けやすいんですね。

 

脂肪肝を改善するサプリは?

ここまで脂肪肝を改善する方法を色々と紹介してきました。

 

普段の生活の中で脂肪肝を予防するための食品を摂ったり、運動を取り入れることを心がけ、足りない分は脂肪肝を予防するサプリメントを取り入れることが効果的です。

 

脂肪肝の改善にオススメなサプリメントはどれなんでしょうか?

 

ここでは1日あたりの値段が安い順にランキングを作りました。

 

あなたが脂肪肝の予防や改善でサプリメントを選ぶときにぜひ参考にしてみてくださいね。

 

協和発酵バイオ オルニチン

小さな1粒にシジミ300個分を凝縮していて飲みやすいサプリメントです。

 

1日に必要なオルニチンの量を摂ることができます。オルニチンは脂肪肝の改善に効果的と言われています。

 

国内の医薬品原料メーカーが製造しているから品質面も安心です。

 

  • 1粒にシジミ300個分のオルニチンパワー!
  • 「飲みやすさ」にもこだわった小さな形状
  • お試し特別価格500円
  • 送料無料!

 

 

価格 1日あたりの値段 評価
1,543円(税込) 103円 脂肪肝 改善 方法

 

レバリズム-L

肝臓の働きをサポートするために効果的なしじみのオルニチン、牡蠣のタウリン、免疫機能を高めるスクワレンが入っています。

 

タウリンは、脂肪肝の改善の効果が期待されています。

 

他にも、ビタミンB2、ビタミンEなどたくさんの栄養成分が含まれています。

 

原料にこだわり、自然の成分がそのまま凝縮された自然の食品なので安心して飲み続けられます。

 

  • リピート率97%
  • 厳選された素材!
  • 初回980円
  • 送料無料

 

 

価格 1日当たりの値段 評価
5,980円(税込) 199円 脂肪肝 改善 方法

 

肝パワーEプラス

牡蠣、梅、にんにくエキスをそのまま凝縮し、栄養もたっぷりです。

 

ビタミンB1やビタミンEなどの様々なビタミンも豊富に含まれています。

 

脂肪肝の改善に効果的とされる成分が入っています。

 

品質、安全性を保証するハイクオリティ認証を取得しています。

 

  • 満足度95%以上!
  • 異例のロングセラー
  • 15日間返金保証
  • 600万袋以上売れている!

 

 

価格 1日あたりの値段 評価
4,860円(税込) 324円 脂肪肝 改善 方法